防災事業

  1. HOME
  2. 取扱商品&サービス
  3. 防災事業

LPガス

災害時に頼りになるエネルギーとして

地震や津波などの大規模災害によって、電気や都市ガスなどのライフラインが寸断された際、活用されているのがLPガスです。阪神大震災や東日本大震災の時にも、避難所や仮設住宅、一般住宅などで重宝されました。LPガスのバルク貯槽や供給設備、消費設備などを幅広く取り扱っていますので、南海トラフ巨大地震の発生が予想される今、ぜひLPガスによる防災対策をご検討ください。

  • バルク貯槽ユニット

    ●設置事例

    「サービス付き高齢者向け住宅
    しあわせ家族」様(鳴門市)

  • バルクローリー車

  • 災害時におけるLPガスのメリット

    災害時に最も強い!!

    • 1停電時の発電が可能

      LPガスによる自家発電により、被災地の電力供給を確保。電気復旧までの間、地域の方々の生活を守ります。

      ポータブルガス発電機
    • 2多様な供給機器を活用

      施設に設置する大型のバルク貯槽をはじめ、携帯性に優れた発電機や炊飯器・給湯ユニットなど多くの供給機器を活用することができます。

    • 3高い安全性を確保

      保安機器の進化により、ガスの安全性はさらに向上。災害に強いエネルギーとして地域防災を支えます。

主な納入先
官公庁、学校、企業、病院、老人福祉施設など
防災関連に関するお問い合わせ
エネルギー部TEL 088-686-1666